HOME > GALLERY 劇場・ホール 01

Gallery

劇場・ホール 01

DSC00726.JPG

小金井市市民交流センター 大ホール

武蔵小金井駅前に誕生した大小ホール、ギャラリー、練習室などからなる文化施設。2012年4月1日に開館記念式典が行われ、市民利用も本格的に始まった。
約600席の大ホールは生音の音楽利用に適した長い響きを持つホールで、バルコニー席が特徴で、1階席だけの利用の場合は約400席の中ホール規模になる。約150席の小ホールは平土間で幅広い用途に対応するイベントスペースとなっている。

koganei gaikan.jpg

小金井市市民交流センター 外観

駅の真ん前の音楽系ホールを持つ文化施設は中央線沿線では数少ないことから、周辺からの利用も期待される。

1-2.jpg

横浜にぎわい座 <第10回/2006年 公共建築賞 優秀賞受賞>

桜木町野毛地区の再開発ビルの中の横浜市の文化施設。メインは400席の寄席、公共の寄席としては全国的に唯一の存在。この他に150席の小ホール(野毛シャーレ)、創作室、練習室、展示スペースがある。
<芸能ホール>
間口10m、高さ4.5m、奥行8.5mのプロセニアム形式の舞台と桟敷席のある客席を持つ。大衆芸能の上演に適した空間をめざし、格子天井、やぐら、下見張壁など和風モチ―フを用い、芝居小屋や寄席の雰囲気を表現した。
<のげシャーレ>
地下2階に位置し、面積214.88㎡、天井高5.5mの多目的スタジオである。大道芸の練習から可動客席による公演まで多様な使用に対応するため、コンクリートの床、パンチングメタル等金属の壁を用い、実験スタジオの雰囲気を表現した

1-1.jpg

千代田区立内幸町ホール

都心の中心に位置し市民利用と周辺の企業利用を想定した区立ホールである。
客席数は188席ながら、幅9.0m 高さ5.0mのプロセニアム、奥行6.1m 高さ11.1mの舞台空間、13本の吊り物バトン、幕類を持ち公演会から演劇、舞踊などの舞台物の演目への適応力を持たせている。
客席が地下に位置するため、モチーフに赤砂岩を用い、はるか昔の石造りの劇場のイメージを基調に、日本の伝統的な劇場の要素である桟敷席から発想した空間を客席両サイドに設け、舞台が白熱するとともに客席の雰囲気も高まるようにつくられている。客席上部には現代的要素として鉄骨トラスによる舞台効果を高めるための作業ギャラリーとパンチングメタルの後壁を配置し今日の演劇空間を表現している。
現在、演劇や寄席、シャンソンなどの音楽公演、企業セミナーなど立地を生かした公演、催事に多く使われている。

1.jpg

横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ

391席の演劇専用ホール、リハーサル室、創作室、ギャラリー、会議室、情報コーナー等からなる区民利用のための文化センター。相鉄いずみ中央駅ビル内にある。
演劇専用ホールは奥行きの深い舞台空間を持つプロセニアム形式を採用し、12×12mの主舞台のほかに、主舞台と同じ大きさの側舞台と奥行き6mの後舞台を設けた。客席は馬蹄形の空間を採用し、舞台との一体感、観劇の際の高揚感を強調するとともに、舞台が引き立つようなデザインを基本とし、仕上げ材や色づかいにも配慮した。さらに、舞台廻りの機能、照明デザイン、トイレの数やデザインなど、細かいところまで利用者の使い勝手、劇場的雰囲気の創出などに工夫を施した。
また、スクエアと呼ぶ天井の高いホワイエ空間を設け、観劇前の期待感や公演後の余韻を楽しめる空間とした。ここで様々なパフォーマンスも可能である。

96BC8FCC96A290DD92E8-2.jpg
東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災地の皆様が少しでも早く心穏やかな日々を取り戻せますよう、一日も早い復興をお祈りいたします。

株式会社 ACT環境計画

サロンコンサートホールや音楽練習室など音楽のある空間の設計を得意とする設計事務所です

24時間練習のできる音楽室付きの住宅や練習室のあるオフィスビル、商業ビル、本格的な劇場やコンサートホールの設計を行います

人の集まる屋外空間やイベントスペースの設計、その一体化した空間など「まちづくり」にもかかわっています

さらに、それらの空間で行われるコンサートや音楽セミナーの企画や実施も行います

運営の企画立案からそれに必要な施設の提案までを一貫して行います

tel.03-5758-6686 fax.03-5758-6687
158-0082 東京都世田谷区等々力6-5-17
email : act@actplanning.jp

what's new !

2014年の仕事
遅くなりましたが昨年の主な仕事をご紹介いたします。
浅草は劇場街の草分けですが、そこで2つの劇場が竣工しました。
アミューズカフェシアターはレビューショーの虎姫一座の本拠地として浅草六区の中心に位置するドン・キホーテビルの7階にオープンしました。
浅草六区ゆめまち劇場は既存のレストランシアターの改装で、劇場の音響設備を中心とする舞台周りの改修とホワイエ+展示スペースの新設を行いました。
詳細は劇場のページをご覧ください。
劇場・ホール02
Sala Masakaは個人のサロンコンサートホールで横浜市東戸塚に11月に竣工しました。天井高さ約6mの60人規模のホールです。
詳細はサロンコンサートホールのページをご覧ください。
サロンコンサートホール

■2014.09.12,13,14,15
ACT音楽セミナー2014開催
3年目を迎えた今回は、北軽井沢ミュージックホールで開催しました。今年も、ヴァイオリンの漆原啓子先生をはじめ、豪華な講師の皆様のご指導のもと、泊まり込みで充実したレッスンが行なわれました。また、講師総出演による特別コンサートを、地元の方々にもお越しいただいて開催しました。
ACT音楽セミナー

■2013.11.04
hall 60(ホールソワサント)オープン
原宿の神宮前交差点のすぐ近くという好立地に最大60人収容のサロンコンサートホールが完成しました。弊社ではこのホールの設計監理・運営計画や開館記念公演の立案、実施などを行ないました。
11月4日には開館記念オープニングシリーズの第1回目の公演、漆原啓子さんとヤコブ・ロイシュナーさんによるデュオコンサートが満員のお客様を集めて開催されました。
サロンコンサートホール

2013.09.21,22,23
ACT音楽セミナー2013開催
昨年から開始しましたACT音楽セミナーですが、無事2年目を終了致しました。今年は9月の秋分の日3連休にヴァイオリンの漆原啓子先生、小林美恵先生、チェロの唐津健先生の3人の講師と優秀なアシスタントの皆さんにご指導いただき、40人近くの受講生も満足いただけたことと思います。
2014年は9月12,13,14,15日の敬老の日3連休にその直前の金曜日を加えて行います。詳細は専用のホームページをご覧下さい。
ACT音楽セミナー

■2013.04.01
ミューザ川崎シンフォニーホール リニューアルオープン
東日本大震災から2年間の復旧工事を終えてリニューアルオープンの日を迎えました。松居直美さんのパイプオルガン演奏、式典に続き、東京交響楽団のコンサートマスター大谷康子さんのヴァイオリン、小川典子さんのピアノで名曲の数々、最後はフランチャイズオーケストラの東京交響楽団がユベール・スダーン指揮でラヴェルのスペイン狂詩曲とボレロを熱演。ボレロは非の打ち所のない素晴らしく高水準な演奏で再開に花を添えました。
客席空間のデザインをはじめ設計意図についてはコンサートホールページをご覧下さい。
news

■2013.03.26 
横浜市太尾保育園増築工事竣工
弊社の設計により1998年に開館した太尾保育園の待機児童解消のための増築工事が完了しました。デザインを維持しつつ保育室の拡張、それに伴う庇の拡張、トイレの拡張、厨房の設備の一新などの設計と設計監理を行ないました。
news公共施設

■2013.03.18 
ミューザ川崎シンフォニーホール試演・内覧会
東日本大震災で大きな被害を受けたミューザ川崎シンフォニーホールが2年間の復旧工事を終えて再開します。試演・内覧会にてこれまでと変わらないオーケストラの響きと空間を確認することができました。
客席空間のデザインをはじめ設計意図についてはコンサートホールページをご覧下さい。
コンサートホール

■2013.03.11 
横浜市掃部山公園公衆トイレ実施設計完了
横浜市西区の紅葉坂の途中にある公園のトイレの設計を行ないました。井伊直弼の銅像のある由緒ある公園であり、横浜の先進性と歴史性をイメージしたデザインとしました。
公共施設

■2013.03
ホームページのリニューアル
ギャラリーページを中心にまずは立ち上げましたので、新しい作品からご覧下されば幸いです。日々ページをつくってまいりますのでよろしくお願いいたします。旧ホームページもしばらく残しますので経歴部分はこちらをご覧下さい。